プロフィール

稲岡 千架 Chika Inaoka

兵庫県生まれ。京都市立堀川高等学校音楽科、東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。2000年渡独、マンハイム国立音楽芸術大学芸術家育成課程(Diplom Künstl Ausbildung)、ソリスト課程(Solistische Ausbildung)をDAAD(ドイツ政府学術交流会)特別奨学生として最優秀で修了。ドイツ国家演奏家資格を授与される。ヒルデスハイム劇場オーケストラとラヴェルのピアノ協奏曲ト長調とベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番を共演。韓国・室内オーケストラとモーツァルトのピアノ協奏曲第23番をハイデルベルク音楽祭で共演。バーデンヴュルテンベルグ州政府新年会や多数のハウスコンサートに招待される。モーツァルト・ガラ・コンサートin マンハイムに出演、SWR(南西ドイツ放送)で放送された。2005年帰国後、ソロだけなく室内楽奏者としても積極的に活動している。作曲家と演奏家が一体となりアンサンブル・ロカを結成。現代作曲家の作品にも多く触れ、能勢広監督の短編ドキュメンタリー映画「広島原爆、魂の撮影メモ」では全編ピアノソロ演奏を担当し、文部科学大臣賞を受賞。ピリオド楽器にも触れ、モダン楽器での表現の可能性を追求するレクチャーコンサート等も行っている。ライフワークとしてW.A.モーツァルトの作品に取り組み、レーベルOMFより2017年「W.A.Mozart Rondos & Sonatas」をリリース。月刊誌「レコード芸術」では人生最後に聴きたいアルバム・ベスト3に、「Stereo」では特選版に選ばれ高い評価を得ている。

これまでにピアノを故・柳井修、大畑博貴、石附秀美、渡辺健二、オキー・リー、ルドルフ・マイスターに、室内楽をアンドレアス・ピストリウス、リート伴奏をハイケ・ドロシー・アラッド各氏に師事。

2005年から昭和音楽大学附属音楽教室非常勤講師、全日本ピアノ指導者協会正会員。